お知らせ

2019.09.01

“ありがとう、そしてさようなら~! ”キャンペーン(~9月末日)

よもぎ蒸し お一人様¥2,600 ペア割¥5,000

🍀当Healingは、今月9月末日で閉店致します。全ての皆様に心からの感謝と御礼を申しあげます。ゆっくり養生致します。ご安心下さいませ。また逢う日まで。 オーナー綿谷久美子

🍀9月20日(金)は、終日、Healing「カラーの日」 の第3弾、最終回となります。前回同様、カラーセラピーとカラー診断の専任スタッフが、皆様のご来店を楽しみにお待ち致しております。いずれも当日のみのスペシャル料金となっておりますので、詳細はお問い合わせ下さい。また、受け付けは予約優先となりますのでご了承下さい。なお当日は、他のメニューについても通常通りご予約をお受け致します。

🍀プレママコースのお客様のお話でございます。昨年の大地震が起こった時、お客様は丁度ご洗顔をされようとしていた処だったそうです。不意の大揺れに、凍りついたようにその場に立ちすくんでしまったお客様。すると、とっくにお休みになっていた筈のご主人様が飛び起きて来られ、「大丈夫か?」と支えて下さったのだそうです。また、猛暑の今夏、お仕事から帰られグッタリされていると、「暑いから、ご飯作らなくていいから。何か、食べに行こう。」と、夕食は殆ど外に連れ出して下さったのだとか。そんなお優しいご主人様に、「私は本当にラッキーだったと思います。」と、心から感謝をされていらっしゃるご様子です。私も、是非お幸せのおこぼれにあずかりたいものです(笑)。

🍀当店の閉店を聞きつけられ、お取り引き先の社長様がわざわざいらして下さいました。早目の英断として、「きれいな終わり方で良いですね。」と、お言葉を掛けて戴きました。社長様とは、12年前、友人の依頼を受け出席した中小企業同友会で知己を得たご縁でした。丁度私の2年後に起業されたとかで、弊社がお客様第1号だったので忘れられないと日頃から気に懸けて下さっていました。一方、私にとりましても、自作の拙い当店のHPを初めてご評価頂いた忘れられない方です。失礼を承知で申しあげるなら、業界は違えど、言わば同じ時代を駆け抜いて来た同士のような存在でした。「今度よもぎ蒸しに来ます。」という社交辞令の多い中、本当に奥様と何度もご来店下さいました。今後は、一ファンとして、陰ながら益々のご活躍とご発展をお祈り申しあげております。

🍀「私、すっぴんです!」というCMがあります。確かにモデルさんたちは皆おキレイなのですが…。例えば、メイクには、自己実現の他に、お肌の保護という大切な目的がございます。すっぴんで外に出ると、紫外線や外気の汚れ、ほこりなどをもろに受ける事になります。サロンでは、オフの日ぐらいはノーメイクで過ごされたいとおっしゃるお客様に、次のようなアドバイスをさせて頂いております。日焼け止めには多少ベタつきがあるので、それだけではほこり等が付着し易い為、戸外に出られる時は、その上にお粉をはたかれて下さいと。

🍀通院の帰路のこと。JRに向かうエスカレーターに乗っておりましたら、交差する下りのエスカレーターに見覚えのあるお顔が。お互い、ハッとして視線を交わしました。7~8年前迄通って下さっていた懐かしいお客様でした。しかし、直後にお仕事を控えていた私は、電車の時刻も迫っていた為、引き返す事もできませんでした。仕方なく、後ろ髪を引かれる思いで札幌行きのホームに並びました。そして、何気なく振り返ると、あのお客様が階段を駆け下りて来られるのです。ビックリ致しました。お客様の方も、先を急がれていらしたかもしれませんのに。ところがその瞬間、無情にも電車がホームに滑り込んで来て、私はたじろぎながら流れに乗り、車中の人に。私は懸命に窓際に陣取り、ちぎれる程に手を振りました。今でもあの時のお客様のお顔が目に浮かびます。

🍀私のメカ音痴は筋金入りです。先日、クリーナー(掃除機)を掛けても掛けても、いつの間にか足元にわたゴミが。きっとサロンの終了に合わせるように、掃除機にもガタが来て、吸い込みが悪くなったのだと思いました。ところが、ふと見ると赤ランプがピコピコ。紙パックが満杯だったのでした。また、サロンの時計の時刻が狂っていたので、普通に電池交換を致しました。しかし、未だ動作がおかしい。やはり、この時計も寿命が来たのだと思いました。すると、お客様が発見して下さったのです。針が曲がっていたのでした。あ~あ(笑)。

🍀退院されたスタッフさんの全快祝いで、ランチに行って参りました。このお店、ローカルと言えども本格的なフレンチで、お料理は美味しく、デザートも小じゃれていて、なかなかのものです。しかし、惜しいかな、お店には、「お客様が二人の場合は壁を背にし横に並んで座って頂く」という独自のルールがあります。わがままな私などは、向かい合っておしゃべりしながらお食事を楽しみたいですし、隣り同士では首が痛くなります。訳を伺うと、厨房からお客様の様子がよく窺えるし、通路側に椅子があるとサーブ(給仕)の邪魔になるからという事なのですが…。しかし3名以上の場合は椅子が用意されるとの事。それであれば、いっそカップル専門店にされた方が、お店の信念を貫けるのでは(笑)?最後に、口の悪い友人のひとことを。「ラーメン屋じゃないんだよ!」

トータルヒーリングの店 Healing